Network

スポンサーリンク
Network

MPLS(Multiprotocol Label Switching)とは

MPLSはIETFにより標準化されているパケット転送技術です.IPルーティングではルータはIPパケットを受け取り,そのIPヘッダを読み取ってルーティングテーブルの情報を元にパケットを転送します.
Network

IS-ISとは

IS-ISはISOにより策定されたリンクステート型のプロトコルです.OSIプロトコルスイートで使用されるため,OSPFのようにIPアドレスでルーティングできません.OSIではCLNSという情報でルーティングをします.Integrated IS-ISはIS-ISをIPルーティングできるように拡張したプロトコルです.
Network

BFD(Bi-directional Forwarding Detection)とは

BFDは通信経路の障害を素早く検知して迂回経路に切り替える技術です. 例えば,OSPFでインタフェースのリンクダウンをルーターが検知した場合,SPF Delay値(JUNOSのデフォルトでは0秒後)が経過後にLSAをフラッディングすることで,隣接ルーターも障害の発生を知ることができます.
スポンサーリンク
Network

QoS(Quality of Service)とは

QoSは特定のパケットを優先して処理することで,限られた通信帯域の中でも通信を安定して処理する方法です.QoSを利用するパケットは音声パケット(VoIP)や,そのほかのバースト系のデータパケットなどがあります.JUNOSではCoS(Class of Service)と呼んでいます.
Network

IPv6アドレス

IPv6アドレスの表記方法 IPv6のアドレスは128ビットで表記されます.16ビットずつ8つのブロックに分けられ,ブロックはコロン(:)で区切られます.大きくはアドレスフォーマットプレフィックス(nビット)とアドレス(128-nビッ...
Network

Duplexとは

全二重通信とは1本の通信経路で送信と受信を同時に行える通信方式のことです.大して半二重通信とは送信と受信のどちらかしか同時に行えない通信方式です.
Network

OSPF:パケットの種類

OSPFではネイバー確立や経路情報の交換などに使われるいくつかのパケットがあります.ここではそれらを紹介していきます.
Network

OSPF:概要

OSPF(Open Shortest Path First)はリンクステート型のルーティングプロトコルです.リンクステート型プロトコルはリンクのホップ数ではなく,リンクの状態を加味して経路を制御できます.
Network

STPの派生いろいろ

PVST(Per VLAN Spanning Tree)はVLANごとにスパニングツリーを形成するためのプロトコルです.標準のSTPでは同一のネットワーク全体で1つのスパニングツリーを形成します.これはCST(Common Spanning Tree)と呼ばれます.
Network

STP:基本動作

STPの概要 STP(Spanning Tree Protocol)はレイヤ2ネットワークのループ構成を防止するためのプロトコルです.IEEE802.1Dで標準化されています. ネットワークの可用性を向上させるために,単一の障害点...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました