WVD ARM 向けの管理ダッシュボードを作る!

Microsoft Azure

今回は ARM 版 WVD で管理ダッシュボードを作成する方法を紹介します。ユーザーのセッション状況やセッションホストのパフォーマンスを統合的に監視できる基盤を構成できます。Non-ARM WVD よりも診断設定の連携が簡単になりました。

スポンサーリンク

事前準備

  • WVD ARM の環境を構築する。
  • アカウントに次のロールを付与する。
    • 監視共同作成者
    • Log Analytics 共同作成者
    • セキュリティ管理者

手順

Log Analytics ワークスペースの展開

Azure ポータルで [すべてのサービス]>[Log Analytics ワークスペース] をクリックします。[追加] をクリックします。

  • [サブスクリプション]:リソースを展開するサブスクリプションを指定します。
  • [リソース グループ]:リソースを展開するリソースグループを指定します。
  • [名前]:Log Analytics ワークスペースの名前を指定します。
  • [地域]:ワークスペースを展開するリージョンを指定します。
  • [価格レベル][従量課金制]

パラメーターを指定し、リソース作成します。

WVD リソースの診断設定

作成済みの WVD サービスのリソースでログを取得できるように設定します。

ホストプールリソースを選択し、メニューから [診断情報] をクリックします。

[診断設定を追加する]をクリックし、診断設定を行います。[診断設定の名前] で設定の名前を指定します。[カテゴリの詳細]で取得するログの種類を指定します。全てにチェックを入れて問題ないです。[宛先の詳細] では [Log Analytics への送信] にチェックを入れて、ログを保存するワークスペースを指定します。

設定したら [保存]をクリックします。ワークスペースとアプリケーショングループリソースでも同様に設定しておきます。

VM の情報取得設定

WVD セッションホストの仮想マシンリソースを選択し、メニューから [ログ] をクリックします。[有効にする] をクリックして仮想マシンを接続する Log Analytics を指定します。

パフォーマンスカウンターの収集

Log Analytics ワークスペースリソースを開きます。メニューから [詳細設定]をクリックします。

[データ]>[Windows パフォーマンスカウンター] をクリックします。Windows 仮想マシンから取得するカウンターの種類を選択します。設定の保存は1回につき20個までなので2回に分けて設定します。サンプリングは 60 秒ごとにします。

1回目は次のカウンターを指定します。

  • Terminal Services Session(*)\% Processor Time
  • Terminal Services(*)\Active Sessions
  • Terminal Services(*)\Inactive Sessions
  • Terminal Services(*)\Total Sessions
  • LogicalDisk(*)\% Free Space
  • LogicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Read
  • LogicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Write
  • LogicalDisk(*)\Current Disk Queue Length
  • LogicalDisk(*)\Disk Reads/sec
  • LogicalDisk(*)\Disk Transfers/sec
  • LogicalDisk(*)\Disk Writes/sec
  • LogicalDisk(*)\Free Megabytes
  • Processor(_Total)\% Processor Time
  • Memory(*)\% Committed Bytes In Use
  • Network Adapter(*)\Bytes Received/sec
  • Network Adapter(*)\Bytes Sent/sec
  • Process(*)\% Processor Time
  • Process(*)\% User Time
  • Process(*)\IO Read Operations/sec

2回目は次のカウンターを指定します。

  • Process(*)\IO Write Operations/sec
  • Process(*)\Thread Count
  • Process(*)\Working Set
  • RemoteFX Graphics(*)\Average Encoding Time
  • RemoteFX Graphics(*)\Frames Skipped/Second – Insufficient Client Resources
  • RemoteFX Graphics(*)\Frames Skipped/Second – Insufficient Network Resources
  • RemoteFX Graphics(*)\Frames Skipped/Second – Insufficient Server Resources
  • RemoteFX Network(*)\Current TCP Bandwidth
  • RemoteFX Network(*)\Current TCP RTT
  • RemoteFX Network(*)\Current UDP Bandwidth
  • RemoteFX Network(*)\Current UDP RTT
  • PhysicalDisk(*)\Avg. Disk Bytes/Read
  • PhysicalDisk(*)\Avg. Disk Bytes/Write
  • PhysicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Write
  • PhysicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Read
  • PhysicalDisk(*)\Avg. Disk Bytes/Transfer
  • PhysicalDisk(*)\Avg. Disk sec/Transfer

設定したら [保存]をクリックします。サンプリング間隔は短くするとログの取得データ量が増えるので必要に応じて調節します。

Azure Monitor でワークブックを作成

Log Analytics ワークスペースリソースを開きます。メニューから [ブック] をクリックします。上部から [ブック] をクリックします。

メニューから [詳細エディター] をクリックします。エディターに次の URL の JSON をコピー & ペーストします。[適用] をクリックします。

https://raw.githubusercontent.com/wvdcommunity/AzureMonitor/master/WVD-ARM-monitoring-workbook.json

ここまでしたら [編集が完了しました] をクリックします。

ダッシュボード完成

Log Analytics ワークスペースの [ブック] をクリックし、先ほど作成したブック(WVD-book など)を確認します。

タブが分かれており、ユーザーセッションやコンピューターのパフォーマンス情報を確認することができます。

各グラフやモジュールはそれぞれダッシュボードにピン留めすることも可能です。

参考

Proactively monitor ARM-based Windows Virtual Desktop with Azure Log Analytics and Azure Monitor
In this post, we’ll explain how to configure Azure Monitor with Azure Log Analytics in Microsoft Azure, so you can proactively monitor your Azure Resource Manag...

コメント

タイトルとURLをコピーしました